専業主婦が家族にバレないように内緒でライブチャットレディの仕事をする方法とコツ

チャットレディの稼ぎ方

チャットレディの仕事というのは、今となっては”それほど特殊ではない職業”と言えますが
やはりどこか”いかがわしい”や、”うしろめたい仕事”という印象を持たれる場合もあります。

そもそも、”稼げる!”と言われる(事実としても)仕事に対しては
どうしても、つい「ちょっと危ないのでは?」と思ってしまいがちです。

実際には決してそんなことはなく、だからこそ”割がいい”仕事なのです。

しかしながら、「(専業)主婦」ということを考えた際には
チャットレディの仕事というのは、少し後ろめたい要素があることも事実です。

「異性」とのコミュニケーションをとることで、お金を稼ぐことには間違いありません。

そういったことに対して抵抗がある、抵抗を持たれることもあると思います。

夫公認、家族公認でチャットレディの仕事に取り組む女性もいますが
仕事の内容は内緒にして、”他の仕事”として申告している女性が多いです。

一方で、仕事をしていることさえも内緒にしている(したい)主婦の方もいます。

そういった人にとって、チャットの仕事は”内緒でこっそりできる”選択肢の1つであり
最初からこっそりと始めやすい、便利な仕事であると言えます。

最終的に決断するのは自分であり、興味があるということは”やる気”はあるはずです。

ぜひ、できるだけ不安を減らして挑戦してみて欲しいと思います。

ここでは、そういった主婦の女性を後押しするために
チャットの仕事において、現実的なリスクとなる要素とその対策を紹介していきます。

基本的には”いいとこどり”ができる仕事だけど

チャットレディのお仕事は、ネットを介した接客業であり
接客業のメリットと、IT系のメリットの”いいとこどり”をしている仕事です。

その最大の特徴は、”物理的な接触がない”ということに尽きます。

「キャバクラ」や「ガールズー」等では、<おさわり>は日常茶飯事ですし
<セクハラ>といったことは、当たり前の前提として起きる場所です。

そういったことを目的に、そういった場所に通う男性がいることも事実です。

また比較的落ち着いた印象のある「スナック」でも、
<抱きつかれる>といったことは、珍しいことではありません。

そして、これらのお店に共通するのは「お酒」を飲む・飲ませるということです。

酔っ払いの相手をする、自分も飲まないといけない、ということから
夜のお店で働くことに抵抗がある、辞めてしまった女性は多いものです。

”いわゆる夜のお仕事”というのは、これらのリスクがあるからこそ稼げる仕事でした。

こういった、”独特のリスク(嫌な思い)”をすることなく
接客業のメリットである、「比較的高い賃金」を稼げるのがチャットレディなのです。

チャットレディが、非常に都合のいい仕事と言える大きな理由と言えます。

主婦が最も気になるプライバシーの問題に関して

チャットレディの仕事を始めようと考える女性が、気になることの代表として
「身バレ」や「顔バレ」といったものがあると思われます。

これに関しては、基本的に「人に言わなければバレない」と言えます。

「このサイト」で

「この名前(ニックネーム)」で働いている

ということを他言しなければ、人に知られることはありません。

インターネットの世界は、想像できないくらい巨大であり
その中から手掛かりなしに、ピンポイントで個人を特定するのは不可能です。

”たまたま”という可能性もありますが、それに関しても慎重に取り組むことで防げるものです。

待機画面では顔出しをせずに、チャットが始まった後に
「知っている人ではない」ということが確認できたら、顔出しをすればいいのです。

基本的には、お客さん(ユーザー)は顔出しでチャットをしたいものです。

そのため、「ツーショットになったら顔出しします」という条件を出してもいいと思います。

そこまでやらなくても大丈夫ですが、どうしても心配な方はこの方法を試してみて下さい。

また「プライバシー情報」の管理に関しては、他の業種よりも注意を払っている業界です。

流出したら”社会問題”であり徹底的に管理されているため、過剰に心配する必要はありません。

ただし、そういった面を含めて「大きな会社(サイト)」を選びましょう。

チャットレディの登録は”代理店契約”がおすすめ-稼ぎやすいチャトレ専門事務所の選び方-
チャットレディの仕事を始める際には、「チャットサイト」に出演するために チャトレとしての<登録(応募)>をすることになりますが、その際の”登録形式”として ・直接契約 ・代理店契約 この2つがあります。 難しく考え...

基本的には、会社の規模とコンプライアンス意識は比例するものです。

また「付きまとい」や「ストーカー」といったリスクも、最初からあり得ないことです。

「住所」や「近隣情報」といったことも、自分から言わない限り漏れることもありません。

女性にとって「どこに住んでるの?」というのは、少し抵抗がある質問であり
「お店」で働いているということは、いつでも会えてしまうということになりますが
「サーバー上」でやりとりしているだけでは、追回しようがありません。

”主婦ならでは”のリスク管理を徹底するしかない

チャットレディは、”対異性”の接客業にもかかわらず

これといった致命的なリスクがない

ということがメリットです。

しかしながら、主婦の場合にはやはり”特有の対策”が必要です。

チャットの仕事を内緒にしているケースでは、

家族や同居人にバレる

というのは、最大のリスクです。

しかし、バレてしまうリスクは常に存在するものです。

特に家族が複数の場合、最初からリスクが多いことを前提に取り組む必要があります。

そんなことはわかっている、という方が大半だと思いますが
安心して仕事に取り組んだ方が、パフォーマンスは上がるものです。

そこで、

  • 徹底的に警戒して取り組む
  • バレた際の言い訳を用意しておく

といったことも大切ですが、一気にリスクを減らす方法として
「チャットルーム」に通って、チャットの仕事をすることも検討すべきと言えます。

やはり、最も無難な方法を選ぶなきなのです。

タイトルとURLをコピーしました