チャットレディがお客さんと話すべき「チャット時間が長く続く話題」の内容とは

チャットレディの稼ぎ方

「ライブチャット」を中心とした、チャットのお仕事に関して

”どんな人が向いているか”と聞かれれば・・・

それは言うまでもなく、「お喋りが好きな人」です。

そもそも、”チャット”というジャンルの仕事は

テレフォンレディ(電話)であれ、

メールレディ(文通)であれ、

スムーズに<お話>できる、「話題」を作れる・乗れることが大切な能力になります。

そのため、”おしゃべり好き”ということは非常に大きな武器であり
ある意味で、チャットレディの”必要条件”とも言える要素なのです。

しゃべること(だけ)で、お金を稼ぐことができるという点は
極端に言えば、「お笑い芸人」や「落語家」と同じです。

<チャット(おしゃべり)>を仕事とするのであれば、
お話をすることが得意であることに、越したことはありません。

最高の能力です。

逆に考えれば、”おしゃべりが好きな人こそなるべき”であり
自分のおしゃべりを、<お金に変える>ことができる夢のような仕事でもあります。

<聞く>ことも立派な会話である

実際には、

人と話すのが好きで少なくとも話下手ではない

という程度で、全く問題ありません。

ただし、できれば”プラスアルファ”の能力があった方がいいことは確かです。

チャットサイトに訪れるお客さんが持つ、”お話がしたい”という希望(欲望)。

それを満たしてあげることこそ、チャットレディの仕事になりますが
会話というのはキャッチボールであり、”話す”ことだけでなく<聞く>ことも必要です。

単なる話し好きだけでなく、「聞き上手」であることもチャットレディの条件です。

お客さんの中には、”一方的にずっと喋っている”という人もいます。

そういった人に対しては、ちゃんと相槌を打ってあげること
適切な反応をしてあげることが、「こなすべき業務」ということになります。

”話を聞いているだけ”で稼げるとも考えられますが、それにもテクニックが必要なのです。

盛り上がるのはやっぱり「共通の話題」

チャットレディの仕事で稼ぐための要素として、「リピーター」の獲得があります。

一度おしゃべりしたお客さんが戻ってきてくれること、
定期的に指名してくれることで、安定して稼ぐことができるのです。

また”常連さん”を多く抱えることは、楽に・たくさん稼ぐコツでもあります。

そのためには、やはり「しゃべっていて楽しいコ」であると感じてもらうことが必要です。

一番理想的な状況は、やはり「共通の話題」が見つかった場合ですが
そのためには、「相性」や「偶然」といったものも必要になります。

また、その場その場の「対応力」も重要です。

そのためにできることとして、

  • ニュースを見る・知る
  • 本屋漫画を読む
  • 映画を見る

といった、「知識」や「経験」を身に付けることも必要です。

賢くなることにデメリットはなく、新しい世界を知ることは有意義なことです。

人生が豊かになって、それがお金につながるのはラッキーです。

”気に入ってもらう”ための会話内容

チャット中にはどんな内容が好まれるのか、ウケがいいのか。

もちろん相手によって違うものであり、そのパターンは無限であると言えますが
「プライベートな話」ほど、盛り上がることも多いです。

チャットサイトを訪れるユーザー(男性)というのは、
「女性とおしゃべりをしたい」という、明確な欲求があります。

  • なんとなく暇だから
  • 誰かに愚痴をこぼしたい
  • 現実の女性が苦手
  • モテない

それぞれに事情がありますが、その中に”女性らしさ”を求めていることが多いです。

また、その細かい動機に関しても

  • 若いコの生態を知りたい
  • 家庭の悩みの解決法を知りたい
  • 自分のプライベートな悩みを聞いて欲しい

いろいろな目的があります。

そういったことを理解して、お互いに話役・聞き役になれることが理想です。

その中で、少しずつ共通の話題が見つかっていくはずです。

「仕事の話」に関しては、語りたい人と話したくない人で両極端ですが
”褒めてあげる”ためには、どうしても聞くということが必要なこともあります。

嫌がられない範囲で、”聞いてもよさそうなことを聞く”ことを意識しましょう。

これは全ての話題に共通しますが、”踏み込んでいい(踏み込むべき)”かの判断は大切です。

また、その際の相槌として

すごーい

知らなかったー

なるほどですねー

これらはありきたりですが、鉄板です。

褒められて、自尊心をくすぐられて、イヤな気持ちになる人はいません。

一方で、「いい気持ちにしてあげよう」と無理することもありません。

とにかく、リラックスさせてあげることが大切です。

それができて初めて、”探る”ということができるようになるのです。

ユーザーがリラックスして・自然体で話せる内容を、引き出すことが鍵になります。

繰り返しになりますが、一番大切なのは”相手に合わせる”ことです。

くれぐれも、「自分だけ楽しんでいる」ということのないように。

あくまで、自分は「サービスを提供している側」であることを忘れないようにしましょう。

これはチャトレとして、超当たり前のことです。

まずは、”仕事として”最低限のことからクリアしていきましょう。

当たり前のこと、何気ないことが、結果につながってくるものでもあります。

タイトルとURLをコピーしました